• トップページ
  • 商品一覧
  • 会員様ログイン
  • 会社概要
  • お問い合わせ

海苔を知る


生産者が愛情を込めて育て上げた極上の広島海苔。厳正なる検査・管理を経て、皆様のもとへお届けします。
手間ひまかけた、安全・安心の品質

海苔は一年生の海藻で、春から秋までの高温期は貝殻の中で糸状体になって過ごします。秋になってようやく発芽し、繁殖期を迎えるのは11〜3月。支柱柵がたてられ、海苔網がはりめぐらされた育苗期の漁場は、さながら海に浮かんだ田畑のようで、瀬戸の風物詩としても有名です。


摘み取りを終えた海苔は、さらなる手間ひまをかけて加工した後、産地の厳しい検査を受けて集荷され、集荷先で再び格付品質検査を受け、ようやく消費者の手元へ送られます。徹底管理と厳正なる検査を経て、安全・安心の食材として、皆様のもとへお届けしています。


美味しい海苔ができるまで 一度は味わっていただきたい初摘みの海苔の美味さ。毎日食べるものだからこそ、より美味しいものを食卓へ。
格別に美味しい初摘み海苔

海苔にも美味しい旬の時期があるのですが、一年中、市場に出まわっているせいか、どうやらあまり知られていないようです。しかし、生産工程をご覧になられた皆さんは、もうおわかりですね。海苔が最も美味しくいただけるのは、11月の摘み取りが開始されてからのこと。各産地で一番最初に摘み取られた「初摘み海苔」、もしくは「一番海苔」と呼ばれるものは、ことさら香り高く、やわらかな口どけが特徴的だと言われています。どうせ食べるのなら、より美味しいものを食卓へ!初積み海苔が出まわる冬の時期は要チェックです。




ページの先頭へ